ニキビを潰すのは良いのか悪いのかどっち?

 

ニキビは潰してもいいの?良いのか悪いのかどっちでしょうか。

 

跡になるから、ニキビは潰さない方がいいと思っている人が多いのではないでしょうか?実は、潰しても良いニキビがあるのです。大切なのは、潰す時期と潰し方です。

 

 

どんなニキビなら潰してもいいの?

 

ニキビ,潰す

 

できてしまったニキビ、一日も早く治したいですよね。ついつい気になるので、手で触ってしまったり、潰すつもりはなかったのに、潰れてしまった経験がある人も少なくないでしょう。

 

ニキビは肌トラブルのひとつです。基本的には、潰さずに炎症が治まり自然と治癒していくのを待つのがお勧めです。でも、早く治したい、不用意に潰れてしまうことを避けたい場合にはニキビの状態によっては、潰して治す方法もあります。

 

赤く腫れているニキビは、炎症が落ち着くまでそっとしておきましょう。触れるだけでも、痛いでしょうが、熱を持って腫れていると言うことは、体の中で異物を排除しようと、免疫力が働いている証拠です。腫れが治まるまではそっとしておきましょう。

 

潰しても良いニキビは、膿が白くなっているニキビだけです。この白い物質は、白血球が細菌を排除するために、働いた結果できた膿です。白い膿ができているニキビならば、潰しても大丈夫なサインです。

 

 

気をつけたい注意点

 

ニキビ,潰す

 

ニキビを潰す時に大切なことは、清潔な手で、消毒した道具を使うことです。むやみやたらに、潰してしまっては、後から後悔することになってしまいます。外出先などで、人の目が気になって、思わず潰したくなることもあるでしょうが、自宅に戻るまで辛抱しましょう。

 

消毒をした針かコメドプッシャーを用意します。手は爪の中まできれいに洗っておきます。針で刺すのは白い膿の部分の先端だけです。膿が出てきたら、軽く指で膿を出しましょう。

 

押し出すのも、白い膿だけ。ニキビを小さくしようとして、無理に全部を出す事はお勧めできません。ニキビの状態を悪化させてしまいます。いらなくなった膿を出したら、肌ケアをしっかりしましょう。

 

軽く消毒をして、きれいなコットンに化粧水を含ませて、水分補給をします。軟膏を塗って、保護した後は、ばい菌がは入らないように充分に気をつけます。

 

傷口がきちんとふさがるまでは、いつも以上に肌ケアをしっかりとしましょう。清潔に保つことは大切ですが、洗顔をする時にごしごしと洗うことはNG。自分に合った化粧水で小まめな保湿が必要です。

 

ニキビを潰した直後は、紫外線も要注意。新たな肌トラブルを起さないためにも、肌をしっかりと守りましょう。