まずはニキビの原因を突き止めましょう

 

どうして、ニキビができやすい人と、ニキビができにくい人といるのでしょうか。ひとつの要因に体質があるのは確かなことです。でも、ニキビの原因はそれだけではありません。ニキビの原因を知ることで、ニキビが出にくい肌作りを目指しましょう。

 

洗顔と潤い

 

ニキビ,原因

 

ニキビの大きな原因のひとつは、毛穴に皮脂が溜まってしまうことです。皮脂は肌に潤いを与え、肌を外部の刺激から守ってくれる働きをしています。

 

そんな大切な働きをしている皮脂ですが、分泌量が増えてしまったり、汚れと一緒に肌に残ってしまうことで、肌トラブルを起す要因になってしまいます。

 

まずは清潔にすることが欠かせません。ファンデーションだけではなく、汗や汚れをしっかりと落とすことが肝心です。でも、肌に強い洗顔料は、必要以上に皮脂を洗い流し、肌を傷つけてしまうこともあります。

 

使われている成分をしっかりと確かめて、肌を守りながら、汚れと余分な皮脂を落とす洗顔料を見つけましょう。

 

きちんと汚れを落としたら、肌に水分を補給することもニキビを予防する大切な肌ケアです。肌が乾燥していると、肌のバリア機能がうまく働きません。

 

免疫力が下がってしまうと、ニキビの治りも遅くなり、別のニキビができやすくなります。清潔にした後は、肌に潤いを補給して、素肌力をUPしましょう。

 

 

ニキビが教えてくれている?

 

ニキビ,原因

 

生活スタイルもニキビや他の肌トラブルと大きく関係しています。寝不足が続いたり、外食ばかりしていると、肌が荒れたり、髪の毛や爪までも、潤いがなくなります。

 

ニキビができたと言うことは、体からのひとつのサインです。できてしまったニキビを鏡で見ると、悲しくなるでしょうが、何か気をつけた方がいいとニキビになって教えてくれているのです。

 

無理をしていないか、ストレスをためていないか、自分の生活を振り返ってみましょう。睡眠と食事と並んで、ストレスも肌トラブルを引き起こす大きな原因です。

 

疲れが溜まっていると感じていたら、ひと呼吸をして、自分の好きなことをする時間をつくりましょう。リラックスして、のんびりすることで、崩れていたホルモンのバランスが整い、肌トラブルが改善することは良くあることです。

 

また、ニキビが顔を出したら、毎日使っている化粧品の成分表示を良く見てみましょう。知らないうちに、強い成分や添加物ばかりの化粧品を美肌のために使っているケースがあります。

 

CMやキャッチコピーだけで、日々使う化粧品を決めていませんか?肌に直接、そして毎日使う化粧品です。しっかりと選んで、購入しましょう。

 

ニキビができてしまったことで、くよくよしないで、良いきっかけと考えましょう。生活スタイルや身の回りの日用品を改めることで、肌トラブルとは無縁の美肌作りが始められます。